Subscribe via RSS Feed

お金を稼ぐことに意味を持つということ

お金を稼ぐということは、現代社会を生きていく上では当たり前のことではあり、何もしないで生きるという選択肢の出来る人は、本当に恵まれた一部の人たちであると思います。

そして、私が近頃思うのはその稼ぐという行為に意味を持って働ける人は、実は働かないで生きている人よりも恵まれているのではないかと思うのです。

何を隠そう、我が家は今無収入な状態です。

夫が、今まで働いていた会社よりもステップアップしたいというので、最近仕事を辞め、今現在就職活動をしています。

いくつか採用通知を頂きましたが、働き始めてみるとなかなか自分の思っていたような仕事ではないようで、失業して1か月、未だ自分の思うような仕事を探し続けています。

そんな状態だからこそつくづく思うのは、結局我が家は経済的にもそれほど困窮していないから、お金を稼ぐという部分に意味を持たせて働くことが出来るのではないかということです。

切迫した状態だったらそんなことは言っていられず、とにかく何がなんでも働かなければなりません。

それを自分の希望とマッチしないという理由で、お金を稼ぐ場をえり好みできるということは、とても恵まれている状況だと言わざるを得ません。

しかも、お金を得ながら自己実現もできるなんて、最高のことだと思います。

これから自分の満足のいく職場が見つかるのか、それとも妥協しなければならないのか私にはわかりませんが、とりあえず早く収入源が欲しいです。